中国・青島にて生活中!!
子パンダもスクスク悪ガキに成長中です。
仕事をしながら子育て!?してる主婦の自己満足日記。
良かったら、読んでくださいな☆
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

泰山頂上
いきなり更新ストップ。

携帯の電池切れ。
しかも予備電池も持たず、充電器もなく、なすすべなし。

で、思い出したように今さら更新。

入り口からバスに乗って途中まで行き、
その後は更にロープウェイで更に上に。

最後のもうひといき!のみをひたすら登りました。

しかも、子パンダの抱っこ攻撃にてかなりの体力消耗でした。



帰りもロープウェイ&バス。
…がしかし、しっかり観光地値段ですね。
ひっくるめて占めて一人327元。
楽して登るとこんなもんでしょうか…(*_*)

私的には十分ですけどね。
入り口
目の前に泰山。




とりあえず、車で行けるとこまで。
泰山に。
車で泰山に向かってます。



7:00出発。




何時着く?
即墨旅行NO,2
 子パンダ朝までガッツリ。

朝食付き。
もうココのご飯いいんやけど・・・・
コレしかナから仕方ない。
9時までの朝食タイム
8時半に行くとなんだかバイキングのはずやけど
お皿底見えてるのばっかり。



がっかり。。。



 

おフロには行きませんヨ


体調もまだよろしくないようですが
そのままスキー場に向かいます。

ってか、スキー場の場所解からないケド。。。
電話も繫がらないし。。。
会社に掛けてみるも
住所もイマイチわからないし。
どう?

ホテルの人に聞いて何とか行けました。


思いのほかいい感じ♪
スキーなんて何年ぶり!????

入場料 大人/260元(3時間)
     子供/130元


確か2時間で200元!?1時間120元ぐらいやったかな。
子供は半額です。

今回は子パンダがどれくらいするかわからないので
とりあえず3時間コース。
この中にはスキーの板とウェアーのレンタル付き。
スノーボードも借りれます。
手袋・帽子なんかは売ってますけど、ソレぐらい持って
いったほうがいいかな。

ロッカーはカギを別で10元で借りて使います。


  

4歳の子パンダにもピッタリなウェアーもありました。


 

板を穿かせてすぐ。
意外と歩ける。


意外とすんなりできるもんなのね。

 

1時間40元ほどで借りられます。

 

一人で引っ張って・・・・
行きません。
坂道を子パンダ乗せて
2人2回づつ登りましたとも。


  

ここでもメイヤンヤン(美羊羊)登場!!



 

ココの売店にて手袋や帽子購入できます。
ここでソーセージ&紅茶でティータイム♪


無理やりリフト乗せてもらい。。。
ってゆうか
日本のリフトとは違います。
写真を撮ってないので説明だけ。
一本のポールの一番下にお盆のようなものがくっついてるのが
廻ってます。
ソレを股に挟んでそのまま滑って登っていくのですが
子パンダさすがに一人では無理。

でも一緒も難しいのよね。
足に子パンダ挟んでポールにつかまって無理やり登りましたけど。。。

腕パンパンです。
子パンダも大喜びです。


チケットを買ってから3時間なので
実際は2時間ちょっとかな。
ウェアー借りて・靴借りて・板借りて・・・着替えて・・・・
着替えて・・・ウェアー返して・靴返して・板返して・・・で3時間ですから。

まぁ、ちょうど良かったかな。



帰る時はまだ遊ぶ!!!
と泣き叫んでましたが。





泊まりじゃなくても全然行けるから
又、行こうね!!
即墨旅行 
さてさて。
今年のお正月は小旅行に行って参りました。

30日に旅行社に行ってお正月にどこに行こうかなぁ〜って。
去年はなんやかんやでアモイ行きが決定!

したのですが、毎度そんな上手くもいかず

思いのほか高かったり・・・・



決まりません。。。。
当たり前かぁ。。。


2時間。


結局、最後にポロッと言ってたスキー。


即墨に人工スキー場があるって。
行ってみようぜ!ってことで。
今年は軽く車で2時間弱で到着。

とりあえず1泊します。
即墨で一番キレイなホテルだとか。

  


周りにホント何もなく畑!?だけ。
ご飯どうするの???
なんてかんがえてもうたわww


ホテルに入るとお正月の装い。


  

なんだかなぁ・・・・

これが、フロントの受付が大変でしたww
1時間以上待たされてます。
3人ぐらい待ってたんやけど、全然進まない
皆、予約なしで来るし、予約の部屋とは違うやつにに替えろだの。。。

ってか、窓口少なすぎやろっっっ

予約も旅行会社の方にお願いしてあったのも怪しい・・・・。





正解!
予約が上手く取れてませんしっっっっ
違う名前で予約されてるようでややこしすぎやろっ



  
  

なんやかんや2時間ほど
フロント前で足止め。。。。  トホホ
やっとこ部屋到着。

うん。キレイ☆

  
アモイ旅行記8
 前ので最後の予定やったんですが
さすがに締りの悪過ぎる終わりやったので今回を追加。


3泊を終え青島に戻る日。
それでも4時過ぎの飛行機。


旅行前から気になって仕方がなかった国際マラソン。INアモイ
丁度帰る日に重なるし、道路の通行制限もあるらしくって。

心配してるワタシに
『空港にいけないわけないやん』とだんな。
『マラソンってのはなぁ終わったところからドンドン交通規制が解かれるのよ』と。


   


何時から始まったのかは定かではありませんが、
ホテルのちょうど前の道が使われてました。




結局、お昼前には車も動き出し普通どうり。
旦那のことが正解でした。。。。


この日も小雨。

居る間なんだかずーと天気が悪かったな。

空港に行くバスをホテルで待ってたはずなのに。。。
子パンダのトイレタイムとガッチング。
バス行っちゃいました。。。

人生そんなもん。




  

この飛行機に乗って帰ってきました。





そしてこの2日後に高熱にヤラレルことになるわたし。

『飛行機乗ろぅ〜〜♪』と元気に騒いでいる子パンダ。




今度はいつのれるかしらねぇ?
アモイ旅行記7
 ボチボチ飽きてきました。
旅行記書くの。。。。


ってことでザザッと今回で最後に。


   

  

楽しそうに肩車されてますが。この後暴れるのですぐ下ろされて
結局、いつものように歩いてました。。。



向かった先は



 

 


日光岩。
コロンス島の最大観光スポット。
標高92.68m
17世紀に鄭成功が、日本の日光山の景色に劣らないものだとして、
「晃」の字を上下に分解し、日光岩と名付けた。らしい。


 

ガンガン登ります。


  

入り口!?


そこを抜けると・・・・  


 

何処でもかんけいないよね。
子パンダ。
お金を渡したら何度も何度も投げる・・・落ちる・・・投げる・・・落ちる・・・
きりがないのでサッサと次へ




その足。
中国人ッぽいよ。ポーズ。。。。


 

色々な彫刻が。。。
その隙間をドンドン登ります。

 

よいしょっ

 

よいしょっ


 
 

わぁぁぁぁ〜


沢山の階段を登っているのに疲れ知らず。。。



 

  

上から見た図。



ドンドン上に上がっていくと人が凄い。

 

ので歩かせるのも危ないので抱っこ。


もうじきてっぺん。
ってのに、動きゃしない。
てっぺんに向かえば向かうほど細くなる階段。
最後にはすれ違えないぐらいの細さ。

そうなると上に上がったら降りれない
ってかその前に登れない。
譲るってことしないから。。。
無理やりゴンゴン突っ込んでいくしかない。

危ないったらありゃしない。


けど、慣れって怖いね。
意外と平気で突っ込めるワタシ。


  


てっぺんより撮影。

コロンス島の建物は屋根の色がレンガ色に揃えられていて、
上から見るとまるでヨーロッパの古い街のよう。
青島の八大関に似てるな。

 

その向こうに見える厦門の高層ビルとは違って、
この島の歴史を感じさせる風景でした

 

  

帰りはこのロープーウェイを使ってみることに。。。



日光岩の人ごみがこのまま移動したらしい。
凄い列をなしてます。
しかも、横に大きく広がって道いっぱいに・・・。

なんでこんなにいっぱいかって?





無料だから。



後悔。
歩いて降りるんやったわwww
子パンダは乗る気満々でいい子に並んで待ってるけど。


1時間弱
ようやく乗り場までたどり着く。


 

ロープーウェイをみてます。

 

やっと乗れた。


 


これ日光岩。


 

もう少し引いてみた。
ロープーウェイの乗り場も結構下のほうに。




島の外からの全体図。




ロープーウェイを降りるとすぐに百鳥園のたどり着く。

中には孔雀やら放し飼いになってます。
ココも無料。
ってかセット!?

フェリー乗り場やらで観光スポット5つで80元とゆうチケット。
1つづつが30元〜50元するので2つ以上廻るならこのセットチケットがお得。





   

そこで鳥芸なるものを鑑賞


  





  


飽きてきた?

のでボチボチ退散。



そろそろかえろうか・・・
って頃雨降ってきました。
しかも、子パンダ限界。
お昼寝タイム。。。。


電動自動車を求めて歩き続けクタクタ。


子パンダも15分程度寝たら復活!!!
助かったwww



その晩は。



すっかり記憶から消え去り
何を食べたのか覚えておりません。。。(汗









アモイ旅行記6
 夜が遅かったのもあり朝起きたら9時半過ぎ。
ホテルのモーニング間に合わないぢゃん。。。


朝からブルーの旦那。


早速着替えて出発!!!!


フェリーに乗れるのでハイテンションの子パンダ。

買ったチケットは往復1人/30元(子供は無料)
何の疑いもなく乗ったフェリー。


 


なんだか、昨日と形が違うのよね。
グッドタイミングでフェリーが来て急いで乗り込んだ。



・・・・らさ。
5分ほどで着くはずのコロンス島に10分経っても着かない。
このフェリー観光用みたいで、くるっと島を1週廻ってるしっっっ

 

皆が借りてて欲しくてたまらない子パンダ。
双眼鏡を借りました。
2つで40元。



1つ20元でよくね!????



1つでは貸してくれない。。。
ので近くに居たおっちゃんと半分こ。



おっちゃん運転手のガイド付きなんだけど
マイクも悪いし声でかすぎてなにゆってるかわからない上に
小さなフェリーめちゃめちゃ揺れる。

三半規管の弱いワタクシ



早速船酔い。。。。。



  



マナーの悪い運転手のタバコ吸いながらの余裕運転で
煙が風にのって全部こっちに飛んできますが!!!!


コロンス島に着く前にヘロヘロです。。。。。
かれこれ必要ないのに40分も海の上。



旦那。
間違ったフェリー乗っちゃったかな。と

確かに。
観光用のフェリーは150元やら200元やらで売ってました。



・・・・が最後におっちゃん運転手の話でこのフェリーで正しかったらしい。
ことがわかりましたが
30元で島一周するとフラフラです。  ワタシだけ。
きっと150元払えば豪華客船で優雅に楽しく乗れたのかもしれない。


コロンス島着いたばかりとゆうのにぐったり。
帰りもこんなサービスコースやったらどうしよう・・・。
とビクビク。
そんなわけねぇ〜よ。と旦那。
ワタシの辛さを解かってないねっ  




早速
朝ごはん&昼ごはんで思いっきり
海の家  in中国

の予定が車に乗る!!!!と駄々をこねる子パンダ。







 

こんな子にはならないと思っていたけど
思いっきりなってるやん。

後で乗ることを伝え何とか説得。
で焼きそばなんかを食べてみた。
何でもいける子パンダ
普通に食べてる。
中国人だな子パンダは。

コロンス島は車が走っていません
もちろん、バイクも。
自転車だって走ってない。

皆、徒歩かこの↓↓↓電動自動車のみ。


  


1区間20元〜みたいな。

子パンダここでもテンションアップ。
ほんとに車が好きです。








  

天気が悪かったのが残念。


リアカーを一旦降りて観光。



   




そして子パンダも。





   


チョット指が入ってるけど上手に撮れた。




 



  





何でも食べるぞ。



  

これっ。
一体なんなんでしょう???



  

『美味しい!?』とワタシ。
『美味しい!!』ってさ子パンダ。


  


梨の水っぽい感じ?


そして旦那はコレ。




   

これを『上手そう!!』って。
買う旦那がワタシには理解できません。

食べれないことはないけど、
一生味覚が一致することはなさそうだ。。。。

    

子パンダ。きゅうりは食べたけど一口食べて拒否。


奥に写ってる子パンダが持ってるもの。


売ってるおっちゃんの様子をみてるわたし達に
『又なに騙されてる???』
と声を掛けてきた旦那。

すっかり騙され欲しがった子パンダに
面白そうだからとかったもの。
2つ/15元




 
  



高いと思う。。。。ナ





フラフラと寄り道しながら向かう先は
コロンス島の最大観光スポット日光岩。


  

又あした。
アモイ旅行記5
 帰りは山道ダダ混みでそこで30分は止まっていたと思われる。

まぁ、帰りも夢のなかっだたので比較的早く市内に戻ってこれましたが。

ホテルまで送ってもらうか。
はたまた中山路付近で降りるか。
選べる。

やっぱり5時過ぎ。
一時は疲れているのでホテルに戻ることを選択するも
晩御飯は食べなきゃならん。
前の日に引き続き中山路をブラブラする事に。


どうやら晩5時過ぎからはコロンス島に行くフェリーが無料らしい。

そこで言ってしまったこのこの一言。
『船乗ろうかぁ〜』と。
子パンダのテンションアップは当然。

わざわざこのクタクタの身体にムチを打つように遠出する必要はないナ
次に日に行けばいいこと。
でもさ、言っちゃったわけ。
『明日ね。』
なんて都合のいい言葉は子パンダには聞こえないわけで・・・。

渋る旦那も道連れにフェリーに乗ったさ。

昼間はかなり暑くて(ワタクシダウンなんて着てたのもで大変。)上着要らずやったのに
晩になると急に冷え込む。
薄手のコートを羽織ってる旦那は寒そう・・・
ってか、思いっきり寒がってたし。
・・・が、こっちの都合で『ぢゃ明日に。』なぁ〜んて
なるはずもなくホントに無料で乗れるのか不安の中
そのまま乗り込ことに成功。


 

寒そうなのでワタシの豹柄ストールを首にまとう旦那。   プププッ




 

2階建て。
1階にはかなりの人で座れそうもないので2階へ移動。
ビックリするほど人居ません。




ソレもそのはず。

2階はさらに追加料金が掛かるらしい。






1人/1元やけど。(子供は無料)



フェリーの中を徘徊してるワタシ。
2階に上がって真っ直ぐ席に付く子パンダ。   
  

 

うろうろしてるパパが気になるようだが・・・。

呼ばれても席を立とうとしません。
行儀良く座ってました。




目と鼻の先のコロンス島。
出発して5分ほどで到着




 

コロンス島からの1枚。



明日も来るから。
目標を晩御飯に絞るも
ここでも、事前調査なさ杉。知識なさ杉。


結局、マクド○ルド。
いつもの旦那ならありえない選択。
『まぁ、普段食べないし、いっか。』って。
どうやら旅行マジックに掛かっているらしい。。。。


何をするわけでもなく引き返す。
ホテルに戻ってゆっくりしましょ。
けど、こっちからアモイ行きはお金がかかるのね

なんだかすっかりやられた感いっぱい。
だが、仕方がない。
1人/8元。


帰りもやっぱり2階で。
+1元。


  


そして、やっぱり座ってる。。。。。


『楽しい?』って聞くと
『楽しい』と応える子パンダだが、

楽しそうに見えないのはワタシが疲れているからでしょうか????



きっと感情を上手く表にだせないのねっ


なぁ〜んて。
きっと、めちゃめちゃ疲れてると思う。



この日は12月31日。大晦日。
ホテルでしっかり紅白をみました。
いつかもこんな風にホテルで紅白みたっけナ。
何年前!????



ホテルに帰って寝ちゃうかな・・・。
っと思われた子パンダ
終始車で遊んでいて一向に寝る気配なし。
おフロに入れて強制的寝かせました。
が、
この日寝たのは次の日になってから。





1日お疲れさまでした。
アモイ旅行記4
 腹ごしらえも済んだところで土楼観光開始。


まず、子パンダは歩くのがとても遅いのです。
子供は大人に比べコンパスの長さが違うので大人は確実に
遅いのは当たり前にしても
お友達ママもビックリするほど遅いです。

きっと横にハムスターを走らせたらハムスターに負けるだろうスピード。
例えが悪い!???


案の定、スタートから既に皆に遅れを取る。
ご飯を食べた建物↓↓↓


  

四角バージョンの土楼の中です。

着いた時にはテーブルに料理が並んでいてそれをひたすら食べるのみ。
雰囲気も味わうところぢゃありませんヨ
早くて食べないと置いて行かれちゃうからっ
躊躇してるまもなく口に流し込んだ感じ。



  

水車の前で写真を撮ってくれました。
カメラ。かなりお気に入りのよう

 
  


アモイから3時間ばかし車を走らせてやってきたここは土楼だらけ。
有名どころから小さいのまであわせると1、2万とも。。。


外壁が土で出来てるところからきた名前らしいですが、
200年もの歳月を経て未だ人が住めるほど立派な建物とはあっぱれ。


10分ほど歩いて着いた先には


  


これまた立派な土楼。

ここは思いっきり観光地化されておりました。



 


最近の流行顔。
フォ〜〜〜ン




 

中を見学。


 


 


普通に洗濯物が干してあったりしてかなり生活感あふれる感じ。


ワタシは聞いても解からないので聞いてませんが
ガイドさん頑張ってお仕事してます。


 





  

旦那も写真をパシャパシャ
ついでに子パンダ。


 

旦那が撮った写真はこちら


  



  




  

なんとなく生活感が出てるでしょ!?



  

ここでも撮ってた。







   

かなり悪そうな顔。




 

子パンダの笑ってる理由と旦那の撮っているものは????















正解。


  










上に登れるものと思っていたのに上の階は立ち入り禁止とのこと。



ええええええええええええ〜〜〜〜〜〜
それは・・・・ちょっと。



 

こんなンが生で見れると思ってたのでかなりショック
ネットから引用させていただきました


旦那は近くに居た中国人のおばちゃんとガイドさんに『そりゃなんよぉ〜』と。
せっかく遠くからそれを見にきたのにねぇ。なんて意気投合して盛り上がっちゃってます。


いくら言っても仕方がないけど
これって、もしかして日本語のガイドさんつけての外国人用ツアーなら
見れたのか???なんぞ疑問を抱いてみたり。
でもそれは見れたら逆にショックっだったりして・・・。


反抗して皆が上がってるので2階までは上がってみた。

想像してる映像には程遠く
悔しいからほんのチョット抵抗してみた!!!程度。


  



皆がお茶タイムの中子パンダ土楼の外で遊んでました

  




『ボゥボゥ』(抱っこ)っと言いながら手を広げ抱っこしようとしているものは?




   
  






素直についてきてくれてる子パンダに自由な時間到来。



  

おっとビックリ!!!

でもこれ確かお昼ご飯にいただきましたナ



  

乾燥前。
 



 
  

またまた撮影。





  


 

 

 

 

 

 いい笑顔だ







 

また別のところも見に行くらしくさらに移動

既に遅れをとり、迷子。。。。。



  



ええ。
遅れてるにも関わらずのんきにこんなものを買ってて
はぐれてしましましたヨ

青島でも道端でよく売ってますが
買ったのはこれが初めて。
サトウキビのジュース。
チューチュー噛み噛みしながら吸ってるのは見たことあるけど。
コレは機械でガガガッと搾り出したもの。

凄く甘くて












草臭い。




でも子パンダこうゆうの好き。


何とか合流。
それからも結局中には入るものの上には登れずじまいで

歩く歩く歩く歩く


  



 
軽く10kmは歩いたと思う。


  



 
  

中国人の子供好きはここでも健在。
お姉ちゃんが子パンダを抱っこしてくれました
ふぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜




にしても、よく歩きました
子パンダ。
ほぼ抱っこなしで歩いてくれました。
子パンダの体力にアッパレ





帰りのバスではツアーなので一緒のメンバーのはずなのに
人数増えてるし。。。
旦那が座っていた席には乗り込んだときには既におにいちゃんが寝てるし?????
前の席を取られたおばちゃんも吠えてる。
『来た時の席と一緒の席に座るのが当たり前だ。』と
中国でもそうなのね。
『いきなり乗ってきたやつに席を取られるのはおかしい!!』と。
最もな話です。
おばちゃんの4人のうち一人がトイレから戻ってきていないらしく
バス出発しません。
バスの運転手『早く呼んで来い。行ってしまうぞ』と。
『電話して急いで戻ってくるように言え。』と
そこですかさずおばちゃん
『わたし達は集合時間から1時間以上も待たされ文句一つも言っていないのに
 トイレからまだ戻って来ていないだけで、コレだけ文句を言われる筋合いはない』と
これまた、最もな話で笑えた。

わたし達は行きは一番後ろの席5席を3人で使っていたのだけれど
帰りはなぜだかバスいっぱい。
それなら。と席を譲るのはいいとしよう。
旦那。
真ん中の席にされご立腹。
帰りの山道揺れる揺れる。
踏ん張るところがないので、ゆっくり寝ても居られない。
のに、旦那の席をぶん取ったおにいちゃんが窓際でスヤスヤ寝てる。
『これ、何かおかしい。』とご立腹。

確かに。

バスがいっぱいで座る席がなくなったもう一人のガイドさん。
子パンダの席を貸せとな。
『!!!!!』
抱っこせいとナ。
少し渋ると、ワタシが抱っこして座ると言い出したよ。
子パンダに聞いてみるも拒否。
当然。
3歳児。
3時間抱っこはきついでしょ。
お互いに。
そっちの都合で3時間は我慢しねかねます。

歩き回った子パンダ撃沈。
2時間ほど眠ってました。

席譲らなくて正解。
抱っこなんて無理です。
ってか、子パンダの分もお金払ってますからっ
ガイドさんあなたが我慢してください。



最後にチョットいやな気分。
寝たら忘れるけど。。。。
中国やし。ってか中国やなアモイも。


ちなみに大人2人子供1人(3歳)516元でした。




でもまだ終わらない1日。
この後、うっかりの一言で大変なことに。。。。