中国・青島にて生活中!!
子パンダもスクスク悪ガキに成長中です。
仕事をしながら子育て!?してる主婦の自己満足日記。
良かったら、読んでくださいな☆
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< お話!? | main | 早くない!? >>
出産NO.3
出産の様子を赤裸々に綴ります・・・
多少グッロキーなところがあるかと思われます。。。
それは・・・っと思われる方は読むのを止めてくださいね


時間時計8時。
外は、すっかり太陽が昇って晴れいい天気。
そんな中私は・・・・・・
何もしないでも痛さでどうにかなってしまいそう
『う〜・・・ショックう〜・・・ショック
となっている時に、以前から子供が大きくて産道を通る事ができるか見る・・・って話になっていて、本とだったら2日後の検診の際にレントゲンを撮る予定だったのを、今からレントゲンを撮りに行くことになった。
その時、私は3階の病棟にいて、レントゲン室は1階の一般外来。
旅館なんかに置いてる浴衣に似た服に着替え、下着すら付けてない汚いすっぴん状態。・・・なのですが、すでにそんなことどうでもよくなってました。3分おきの陣痛真っ盛りでそんなの気にしてる余裕がない・・・
upこういった事を乗り越えどんどん母は強くなっていくのですねぇ〜
エレベーターも、陣痛の痛みで動けず何回も見送り・・・ようやく1階。
少し進んで・・・止まり、進んで・・・止まり・・・。
ついでに、ゲロ袋!?片手に・・・さすがに周りの目が気になるけど・・・どうしようもないのよねぇ冷や汗
やっとのことでレントゲンを撮り終えたたらーっ
そしてまたまた少し進んで・・・止まり、進んで・・・止まり・・・。
やっとベッドへ戻ってきた。
休む暇なく陣痛が続いて・・・時刻時計11時半。
陣痛の間隔が1分おき。
1分おきってのは、ほとんど痛くないときがない状態。
1分間の間に痛いのと痛くないのがあるんやから・・・汗

そして、先生が来た!!
分娩台へ。
『やっと。あと少しでこの痛みともお別れるんるん
っと思ったが・・・・

まだまだ子宮口は全快ならず・・・およそ7cm・・・・・・はぁ〜しょんぼり
正直このとき、『もう無理〜悲しい痛すぎる〜・・・』
その時、下半身にチクッと痛み止めの注射。
その瞬間からみるみる痛みが消えていく〜嬉しい
助産師さん曰く、『痛み止めの注射しても、痛いものは痛いですよ。だいぶとましみたいですが・・・。』とのこと。
でも、一気に痛みから解放ムード

・・・・このまま産んでしまえる!っと思ったがそれは大きな間違いでした・・・泣き顔
スポンサーサイト
車椅子との選択ができました。
・・・が、歩いたほうが、赤ちゃんも降りてきやすくなるので歩いたほうがいい。と言われそれなら!!っと歩いていったんです。
・・・が、途中やっぱり車椅子で行けばよかった・・・・っと後悔してました。確かに妊娠は病気じゃないですからねぇ。
すまいるママ | 2006/12/09 18:37
自分でレントゲン室まで行かなくちゃいけないんですねぇ。
こういう時はてっきり車椅子か何かで運んでいってもらえるものと思ってました。
妊娠は病気じゃないからですかね?
でもこの痛さに耐えての移動は死に物狂いって感じがしますよ〜。
続きが気になります!(何か連続小説読んでる感じ)
| 2006/12/09 12:34
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK